おすすめパチンコ新台

企業情報

Company

top company

Greeting 代表挨拶

自問自答は理想と信念になり、
いつしか企業理念とミッションになりました。

2001年-ITバブル崩壊といわれたこの年にアジル・ラボは設立されました。
「なんでこんな悪い時期に・・」そんな風に心配してくださる声も周囲にはありましたが、私たちには強い信念がありました。会社の創業メンバーは、前職の大手エンジニアリング会社で技術者から経営側に回り、事業の発展に尽力してきましたが、いつもこんなことを自問自答していました。
それは、「会社としては成功したと言えるかも知れない。でもそれは経営的な事だけであって、エンジニアにとって理想の会社であったのか?経営陣であっても常に現場主義を心がけ実践し、エンジニアが不安を抱えることなく長く働くことができる環境を造るべきではないか?」ということでした。
「お客様にとってはもちろん、エンジニアにとっても満足のいく会社をつくりたい」自らに対する問いは、いつしかこんな想いに、そして強い信念へと変わっていきました。私たちは、こんな時代だからこそ「終身雇用」というものに、本気でこだわりたいと考えています。エンジニアが将来に不安を感じることなく、安心して「働き続けられる場」を提供し、仕事を通じて技術力と人間力を高めていって欲しいと願っています。
私たちは、技術者として、人間としてのあなたの成長に全力を注ぎます。いつも「人が真ん中」にいる企業にします。 あなたがひとに誇れる企業、お客様が「アジルなら大丈夫」と言ってくださる企業を目指します。 一緒に成長していきませんか?

代表取締役社長

長 島 理 生

企業理念

「agile」の「i」は人

「会社の真ん中にいつも人がいる」
「人あっての会社である事を常に忘れない」
「agile」のロゴの真ん中には、従業員に対する私たちのそんな願いが込められています。

高付加価値の人材育成

めまぐるしく変化するお客様のニーズに応えるためには、お客様を十分に理解し、様々な要求に対して最適な答えを出さなくてはなりません。
その実現のためには私たちが常に自らを見つめ直し変化して行ける柔軟な会社である必要があります。目先だけの利益にこだわるのでは無く、最適なサービスや顧客満足度の意味を考えながら、技術力+人間力を兼ね備えた技術者の育成を行っています。

全社員による経営参画

「本当の経営の透明化ってなんだろう?」企業経営の透明化が議論される中、私たちは出来る事から始めました。会社の収支は月次単位で全従業員に開示し、ちょっとした思いつきやアイディアも会議やグループウェアで話し合います。
「未来の大きなビジネスチャンスを産むための、現在の小さなアイディアも尊重する」設立当初から掲げているこの理念をいまも大切にしています。

当たり前の実践

会社として、従業員に対して当たり前のことを当たり前にやっています。
例えば「サービス残業」という言葉や概念は、私たちの会社にはありません。
設立時より労働基準法など様々な法令を順守し、 従業員に対して常に誠実な対応を心がけてきました。他者に誠実さを求めるのであれば、まず自らがそれを実践すべきと考えています。

ビジョン

終身雇用を目指す会社

開発&ネットワークという会社の骨子となる業務の拡大・品質向上を図ると共に、異業種への参入や業務提携なども積極的に推進していきます。
会社内に各事業部としての長期的な雇用と、単一的な評価では無く、自らの力を複合的に発揮出来る「働き続けられる場」を産み出していきます。

全国へ支店展開する会社

「agile」=機敏性があらわす通り、時代とお客様に対する迅速な対応が私たちのモットーです。東京本社でカバー出来ないエリアを、具体的かつ現実的な青写真として中長期計画の中に盛り込みながら、積極的な支店展開を進めていきます。

利益還元50%を目指す会社

「会社って誰のもの?」
株主、経営者、従業員・・人によって、あるいは立場によって答えも変わる永遠のテーマです。私たちは「会社はそれぞれが存在しないと成り立たない共同体である」という単純な事実に立ち返り、様々なステークホルダーとの関係を踏まえた経営の実現を心がけ、全従業員に対する「利益還元50%」を目標として掲げています。

「アジルが好きだ」と言われる会社

「会社が好きですか?」
少し照れるような質問かも知れません。 でも、突然誰かに尋ねられたとき、「はい」と答えられる人はどれだけいるのでしょうか?
「人が真ん中」となる会社。
「好きだ」と言われる会社。 私たちはそんな会社を目指しています。 

History 沿革

2001年10月

西新宿7丁目、小滝橋通りにオフィスを借りて3名で会社設立。

設立後に「小滝橋通り」がレコードマニアの聖地であること、ラーメン激戦区であることを知るものの・・本業とはまったく関わりが無く、採用面接や飲み会の席で小ネタとして使う事しか出来ませんでした・・(笑)

2002年11月

社債(少人数私募債)発行

設立に伴う行政の助成金や信用保証協会の資金融資は受けていたものの、社員数の増加に伴い運転資金も厳しくなって来た頃です。設立したばかりの会社に対する銀行のプロパー融資の厳しさも身を持って知り、年利5%で社債(少人数私募債)を発行しました。取引先や友人知人16名の方々のご厚意により、2400万円(24口)の資金を調達することが出来ました。

2004年5月

東京都情報サービス産業健康保険組合(TJK)加入

当時は健保組合も加入審査が厳しかったのですが、個人・会社共に負担料率も非常に低く、給与の手取り額が増えた社員には随分と喜ばれたものです・・・

2005年1月

技術職の資格取得支援制度の見直し実施

 従来の資格取得制度を現場のニーズに合わせて見直し、受験料負担・報奨金支給・賞与支給時の継続ポイント加算などの方法に変更。また、社員の労務管理の一環として、営業職の産業カウンセラー・キャリア・コンサルタント資格取得を推進。

2005年11月

2002年に発行した私募債を全額(満期)償還

購入者からは好評を博し再発行を求められましたが、この期で初年度からの累積赤字も解消され、資金繰りも安定していたため発行は見送りとなりました。皆さん、本当にありがとうございました! 

2006年1月

設立時からの念願であった横浜支店を設立

知る人ぞ知る(?)ちょっとディープな「鶴屋町」に支店開設。なぜか個性派エンジニアの入社が相次ぎ、夜は鶴屋町界隈の居酒屋で会社の将来を語り合う日々が・・ 2007年4月には早くも単月では黒字化され、若者就労支援を行っているNPO関連のお客様とのお付き合いが始まりました。  

2009年5月

経費削減のため横浜支店を閉鎖

2008年のリーマンブラザースの破綻と、それに続く世界的な金融危機が・・案件が激減し「アジル冬の時代(勝手に命名)」に突入・・厳しい数年間の始まりました。 技術職・営業職共に新宿本社異動となり、来年度以降の新卒採用も中止が決定。設立以来続けて来た経験者の中途採用も一時中断となりました。中小企業緊急雇用安定助成金を申請し、社員の雇用維持に奔走する日々でした。

2011年3月

慣れ親しんだ小滝橋通りから、西新宿6丁目へオフィスを移転。

オフィス移転を決め準備していたところ、いきなり大きな揺れが来て、積み上げていた段ボールが全部倒れたり、近くの柏木公園に避難したり、地震の影響で通信回線の工事が白紙に戻りそうになったりと・・会社だけでなく、世の中大変な時期が続きました。

2012年5月

長かった「冬の時代」も何とか乗り切り、大幅に収支改善。

 請負案件の売上比率も増え、リーマンショック後の累積赤字も解消されました! 

2013年4月

選択制確定拠出年金制度導入

ミーティングで「決算賞与と退職金、どっちがいい?」という究極のアンケートを実施。設立当初より退職金は支給せず業績に応じた利益配分を決算賞与で行ってきましたが、社員の意見を基に退職金に変わる制度として、個人が選べる「選択制確定拠出年金」制度を導入しました。

2014年1月

第13期、新社長就任に伴い経営ビジョンと中長期の経営計画を刷新。

 2015年4月より新卒採用の再開も決定し、第20期までに60名体制を目指しています。

2016年5月

プライバシーマーク取得

2016年9月

労働者派遣事業の一本化に伴い労働者派遣事業((旧)一般労働者派遣事業)の許可を取得。

2017年5月

慣れ親しんだ新宿区から、中野区へオフィスを移転。

事業拡大に伴いオフィス移転を決め、前年末から物件を探してみたものの、なかなか決まらず皆がやさぐれかけていた(?)ところに、中野区から一筋の光が・・我々の、「なんて言うんですかね・・『なんとなく、木目調?』」という一昔前の小説の題名のような意味不明な要望にも関わらず(笑)、内装工事の皆さんが素敵なオフィスに仕上げてくれました!

2019年9月

夏季賞与/冬季賞与に加え、利益の40%を決算賞与として支給。

 2012年より7期連続で利益の25%を決算賞与を支給してきましたが、ついにやってきた(?)末広がりで縁起の良い「8」という数字・・「8期連続だから40%支給でいこう!」という社長の一声に、誰もが、『はっ?それなら80%支給じゃね?』と思ったのですが、ツッコミは入れられず、そのまま40%支給となりました(笑)

2021年10月

設立20周年を迎えました!

支えてくださった皆様のおかげで、20周年という大きな節目を迎えることができました。本当にありがとうございます。設立当初からの企業理念、「agile」の「i」は人 を常に心に刻み、次の10年、20年を目指してまいります。

Company 会社情報

会社名 株式会社アジル・ラボ
設立 2001年10月2日
代表取締役 長島 理生
本社所在地 〒164-0011
東京都中野区中央2-9-1 サンロータスビル4F
TEL 03-6302-0456
FAX 03-6302-0457
資本金 1,000万円
決算期 9月末日
売上実績 4億3700万円 (第22期/実績)
従業員数 55名(2023年10月現在)
取引銀行 三井住友銀行 新宿西口支店
みずほ銀行 新宿新都心支店
三菱UFJ銀行 新宿中央支店
保有資格 労働者派遣事業:派13-306745
プライバシーマーク:第17002696(04)
会社パンフレット 株式会社アジル・ラボ   会社パンフレット

お問い合わせ

Contact Us

少しでも気になることがあれば、お気軽にご連絡ください。
ご意見やご質問なども承っております。
お問い合わせフォーム、またはお電話でお問い合わせください。